プロフィール

吉田彩華 HRNAVI

吉田綾華(よしだあやか)

1987年8月12日生まれ

石川県金沢市出身

2013年10月からベトナムの首都ハノイを中心に人材サービスの仕事をしています!

最近はずっとやりたかったベトナムで化粧品ビジネスをする!を叶えるために複業を始めました。

~過去から今に至るまで~

特別頭がいいわけでもなく、クラスでは真ん中よりちょっと成績はいいほう。運動神経はよくて小学校時代はリレーの選手。今となっては信じられません。今は階段の上り下りだけで、息切れ動悸します。。。高校までは石川県の公立で過ごし、当時付き合っていた彼氏が大学へ行くので自分も大学へ進学。(笑)なんとなく学生の頃から途上国で何かしたいなーと思い過ごす。大学時代にNPOリボーン京都でインターンしたのをきっかけに、途上国にいるときの自分が一番自分らしいことに気付き、いつかは途上国へ働く夢をもつ。しかしみんなと同じように就職活動を結局し、受かったリコージャパンで営業マンをすることに。でもやっぱりなんか違うなとしっくりこない日々を送り、2年半のサラリーマン生活に終止符を打つ。

その後、青年海外協力隊(ボランティア)を志望したが、自分で海外でも仕事ができるなら就職しちゃえ!と今の会社を見つけ履歴書を送る。海外就職をする。

そして、どうして化粧品ビジネスをしようと思ったかというと。。。

①元々ベトナムで働くときに雇用を生みだすことができたらいいと思っていた。
そもそも、なぜあーちゃんがベトナムで働いているかというと、学生時代から漠然と途上国の人に役に立ちたいなと思ったのがきっかけです。どうやって役に立つか?と考えたとき、「医療」「教育」などありますが、あまりピンとこなかったので、人に仕事を与えることができたら豊かになるのでは?と思いました。本来は自分が会社でも作って、人を雇用できたら良かったですが、そんな能力もなかったので、人材の仕事をしよう!と思いました。なので、ずっと頭の片隅には「雇用創出」はありました。

②自分がベトナムに住んでいて欲しい化粧品がなくて困る。
ベトナムに住んで4年になりますが、昔も今も変わらず困るのは「医療」と「化粧品」です。もちろんベトナムにも化粧品は売っています。シャネルやLANCOM、Diorなどのハイブランドから、韓国系コスメ、日本製では資生堂、Koseなどあります。ただ、どれも関税がかかっていて、日本で買える価格の2倍くらいします。
日本へ帰れば薬局へ行くと、1,000~3,000円くらい出せばそれなりの質のものが選べます。私は毎回、日本へ帰るたびに大量の化粧品をまとめって買って帰ります💦

③ベトナム女性は美人なのに、美容に関して知識が少ない。なんだかもったいなくない?
ベトナム女性のほとんどは平日は化粧しません!みんなすっぴん!でも綺麗な人が多い!
だけど40代くらいになると一気におばあちゃんみたいになる😲多分若いときにスキンケアをしなかったから?!と思います。もっと美容の知識を広めたい!と思いました

これらの3点が重なりやるしかない!と思いました。

また、4年くらいベトナムで過ごし、何かベトナムのためにやれること、何か足跡を残せたらいいなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加