ベトナム4年の振り返り!

シンチャオ!
少し早いですが、私はベトナムに来て10月で丸4年になりますので、折角なので今までのことを振り返ってみました!
私はベトナムに来るまで一度もベトナムに来たことはありませんでした。たまたまインターネットのカンボジアの求人サイトでHRnaviの募集を見つけました。なんだか怪しいサイトだな・・・と思いつつ、海外なので英語で履歴書を送ってみました。するとすごい上手い日本語でベトナム人からメールが返ってきました。そう、Phucさん(社長)からです。早速、一次面接をSkypeですることになり、初めてベトナム人と話すので、どんな感じかワクワクしました。色々と話して、一次面接は合格したようで、今度Phucさんが東京へ出張行くから会おう!ということになりました。
翌月、東京でPhucさんに会いました。Phucさんはスーツをバシッと着こなしていたので、初めてベトナム人を見た私はちょっと意外で驚きました。でもなんで素足に革靴を履くんだろう?(石田純一か?)とちょっと疑問でした。そしてカフェでPhucさんがベトナムコーヒーを頼んだのは今でも忘れません。笑
入社して1カ月ホーチミンで研修をしました。システムやドキュメントは全て英語。今まで日本語でしか働いたことがなかった私には、最初はかなり辛かったです。名刺1枚入力するのに10分以上かかる始末です。お客さん同行したり、夜は会食に行ったり、すごく目まぐるしく時が過ぎていきました。元々ハノイに行くのが決まっていたので、いつ行きますか?とPhucさんに聞くと、自分で決めていいよと言われたのは、とても新鮮でした。日本だと全て会社が決めるので、自分で決めていいんだ!と驚きと嬉しさが混じった感じでした。
ハノイに赴任してからは、最初は右も左もわからず、とりあえずみんなに聞きまくり、一人でシステムをいじってみたり試行錯誤しました。最初は分からないので、失敗してベトナム人スタッフに怒られたり、ベトナム人同士で喧嘩して泣いてたり、驚きの連発でした。
一年経ったころに、少し慣れてきたから、自分の価値ってなんだろうと思ったことがあります。ベトナム人でも日本語ができるし、自分の役目はなんだとうと。今思う自分の視野が狭くて、仕事ができたつもりになっていたんだと思います。
2年目になると人が辞めていき、ハノイ事務所は私入れてたったの3人になりました。ちょっと本気でハノイ事務所をたたむか?!という話もあったくらいです。その時は自分で登録者にも電話して、TRnaviで人を探して、分からないなりに、何とかしよう!という気持ちで働いていました。今となってはあの頃の経験も必要だったんだなと思います。
3年目になると会社も組織っぽく仕組みが整ってきました。自分自身にも自信が出てきたのか、今まで中々採用ができなかったのに、面接でよく私と働きたいと言ってもらえるようになりました。多分自信が表に出ていたんだと思います。
業務のほうもそれまでよりも高級な案件を決めることができ、お客さんから非公開の求人も預かるようになりました。
4年目になると組織も変わり、ほとんどが新卒で日々教えることで時間が過ぎていったように思います。正直もう自分が案件が決まってもそんなに嬉しくないので、いかにみんなに成功してもらえるかを考えていますが、そんなに簡単なことではないですね。
マイナビさんとも業務提携ができ、どんどん会社らしくなっている気がします。
5年目はどのようにしていきたいか、まだ漠然としていますが、一日一日を大切にしていきたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です