【ベトビズウォッチ】ベトナム人しか知らない面白ビジネスニュース、Vo.7【ベトナムの農業ビジネス】

しんちゃお!人材コンサルあーちゃんです!

第七回ベトビズウォッチをお届けします♪

*ベトビズウォッチとは・・・弊社代表Phucがお届けするベトナム人しか知らない、面白ベトナムビジネス情報です!Phucについてはベトビズウォッチ第一回を見てください。

【ベトナムの農業ビジネス】

ベトナムのビジネス界はとても流行りに敏感です。 過去では不動産投資ブーム、銀行・証券ブームといろいろありました。 大概は流行りに流されすぎるところまでいき、負の資産が多くつくられたのが良くないが、その時点で社会が一番足りていないところに資本が集中され、一気に社会問題が解決されるのがよい点ではないかと個人的に思っています。

不動産投資ブームで多くの不動産がつくられ、マーケットをけん引するような地場デベロッパーもできていますし、銀行ブームで力のある銀行もいくつもできました。 そういう意味で、ベトナム農業に多くの問題を抱えて、それを解決すべく農業ビジネスがブームになっているのだと思います。

nougyo

どんな問題があるかというと、私が把握している限りでは次の通りです。

・ 農地利用法では農家間の格差を抑制するために賃借期間を20年にするうえ、一人当たりの賃借可能な面積を制限している。結果として、工業化するために必要な広さを確保できていない。

・ のんきな農家が多い。しっかりと技術を教えても、すぐに勝手な思い付きや根拠のない周りの意見に流され、違うやり方をしてしまう。

・ 農家を守る組織がない、農家が団結していない。農家と消費者の間に何段も仲卸業者が入っている。悪徳仲卸業者に騙され、組織化される農家がいつになっても出てこない。

結局、企業が国から広い土地を借りて、農民をサラリーマン化し、組織化された農業企業こそがこれらの問題の解決策になると考えられます。実際もこの方向で動いています。 農業分野では3Fがよく言われています。Farm、Feed、Foodからそれぞれ頭文字を取っている言い方です。Farmは農場、つまり畜産、Feedは餌、Foodは最終製品という意味です。これを全部抑える会社が勝つとして、各社がシェアを競っています。

FarmではHoang Anh Gia LaiやTH True MilkがGia Lai及びNghe Anにて広大な土地で現代的な牧場を実現しています。エビ輸出世界No.1のMinh Phuが三井物産により30%ほどの出資を受けているのもこのFarmを強くするためです。Masan社が鳥卵製造販売で有名なBa Huanを買収したいことで話題になっているのもこのFarmを狙った買収です。

Feedでは製鉄に有名なHoa Phatが市場に参加して、10年後の2025年までマーケットシェア10%を目指すと言います。MasanはAncoの70%、Proconcoの52%を取得して、一気にマーケットシェア15%を獲得しました。

それから、FoodではCJがVissanの株式公開を狙って、投資を考える。Pan PacificはBen Tre水産 の51%、中央Giong Cay Trongの57%、Long An食品の25%以上を取得します。 また、高付加価値農業をやりたいので、日本人のシルバー農家を紹介してほしいという依頼もたまに聞こえてきます

。このような小規模な投資は結構あるように思います。 やり方はどうであれ、強くないベトナム農業を伸ばしてもらえば、大部分の国民が恩恵を受けられるので、ブームで終わらずに、継続的にやってほしいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です